みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「うみねこのなく頃に」23話

Episode 4-5 breakthrough
今回は非常に重要なポイントが散りばめられた回だったと思います。

相変わらず時系列がぐちゃぐちゃでややこしいですが、まずは1998年における出来事。
縁寿は熊沢と南條の子どもの家を訪れ、EP3の終盤で、扉に魔方陣とともに描かれていた
8桁の暗号のような数字と貸金庫の関係性を洗い出します。
わざわざあて先不明で遅れて戻ってくるようにしてそれぞれに出された
手紙を元に金庫を開くと莫大な紙幣の束が。
何者かが六軒島の事件の血縁者へ向けて送ったとしか思えないそれは、
実は縁寿自身にも送られてきていたものでした。

また、4回目のバトル上では、
ゴールドスミス卿によって執り行われる当主相続候補者へのテストが行なわれ、
まずは朱志香と譲治が個々に呼び出されます。
朱志香にはロノウェが、譲治にはガァプが出題者として立ちふさがり、
強烈な3択の問題が提示されました。

必ず誰かを見殺しにすることで得られるというその恐ろしい問題。
譲治はなんと自分と紗音以外を殺すという選択肢を選び、
彼女と生きるためにはあらゆるものを投げ捨てる覚悟があると言います。
こんな恥ずかしいことを何の臆面もなく言える彼は凄すぎる。
信念を貫き通す男の決意は魔法をも凌駕する!?
なんとガァプの攻撃を避け、自分の間合いで逆に追い込んでいきます。

一方の朱志香は自分が殺されることで嘉音を生かすことを選びましたが、
それでもだたでは死なぬと果敢にロノウェへ立ち向かい、
こちらもまた予想外に追い込んできます。

この辺りは原作でもそうでしたがとにかく熱い!!
すっかりバトルアニメの様相を呈してきていますが、
それはそれで、自分の信条を曲げぬふたりの生き様が強く見ている自分の
心に伝わってきました。

3つのポイントとしては、メタ世界における戦人の謎。
明日夢の子どもであるはずの戦人が、なぜか赤文字で宣言できない…?
それは自分自身が本当に戦人であるのか、また、誰の子どもであるのか
というようなとんでもない重要な問題で。
ベアトはこの点から戦人には対戦相手としての資格がないと烙印を押される始末。
根底自体をひっくり返してくるやり方には驚きましたが、
いったいどういうことなんでしょうか?
うみねこのなく頃に Episode1:Legend of the golden witch 4うみねこのなく頃に Episode1:Legend of the golden witch 4
(2009/12/22)
竜騎士07

商品詳細を見る
EP1遂に完結ですが、ページ数が半端なく多いです!
大ボリュームと綺麗な作画でこの値段は安いΣ・。・
スポンサーサイト
  1. 2009/12/26(土) 13:38:37|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィギュアスケート五輪メンバー決定 | ホーム | 浸食ページ復旧>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック大歓迎!関連記事のTBをお待ちしております!(業者・アダルト除く)
こちらからも基本的に必ずお返しするようにしておりますが、
たまにうまく送れない場合があるようですので、その際はお許しください。

■トラックバックURLはこちらです↓
http://miyuu24.blog73.fc2.com/tb.php/720-013a651d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する みつどもえ

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。