みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「とらドラ!」 10話

第10話 「花火」。
最近、回を経る毎に面白くなっていく「とらドラ!」。
今回は亜美の別荘の話の後半でしたが、前回に引き続き、実乃梨の気持ちが
少しずつみえるようになってきて、かなり面白いです。

竜児と大河を怖がらせていた犯人は実乃梨だった訳ですが、これには驚きました。
ここから、彼女は他人に気付かせないようにうまく嘘をつくこともできる人であるということが
わかったので、より天然とは違う位置付けのキャラクターなのかなと。

個人的には最初の頃は本当に純粋な天然キャラで、その辺りに竜児が惹かれていると
思っていたのですが、3話辺りから竜児はそうではないと徐々に気付きだし、何か暗い
部分を持っているキャラであるように思えてきました。
それってストーカーに屈してしまっていた亜美が精一杯強い自分を見せる為に演じてきた
偽りの自分と同じで、だからこそ亜美は、誰よりも実乃梨の行動に対する違和感を
鋭く見抜いていたのかもしれません。

それでも亜美と実乃梨の根本の部分の違いはあるようで、亜美は実乃梨のことを「太陽」、
竜児のことを「月」であると言っていました。そして、そんな竜児に合うのは自分であると。
亜美も「月」であるからこそ、対等な関係としてうまくやっていけると。
ここで出てくる「太陽」と「月」という区分けでいくと、竜児と亜美は(恐らく大河も)「月」で、
実乃梨と北村は「太陽」に分類されるんじゃないかと思います。

「太陽」は自分の行動を主体として動くタイプで、「月」は相手の行動を主体として動くタイプ。
根底で同じ価値観を持っていないからこそ凄い魅力的に写って惹かれてしまう。
だけど、深い部分では分かり合えない。
逆に同じ価値観を持っているからこそ特に魅力的には写らないかもしれないけれど、
普段の素のままの自分でいられて、凄い居心地よい相手としてずっと側にいられる。

わがままを言うなんて辛いだけといっていた亜美の言葉を聞いていると、
好きな相手の為ならばすべてを捧げたいような尽くすタイプなんだろうなと思います。
だけど、そんな気持ちを相手に押し付けて嫌われてしまったら怖いと思うからこそ、
竜児が実乃梨のことを好きなのをわかっているからこそ、ついつい猫を被った
いつもの亜美を演じてしまう。竜児にはその行動の意味するところがわからなくて、
またからかわれているだけなんだろうなと思ってしまっている。凄いもどかしいです。
それでも、竜児が亜美に、素直に見せてくれれば受け止めてやるというような
ニュアンスの答えをしていたので、先に進めない亜美としては凄い嬉しいけれど
辛い言葉でもあったように思います。

一方でかなりストレートに自分の気持ちを伝えていた竜児の気持ちは実乃梨にも
きっと伝わっていると思いますが、実乃梨の心の中には、大河に対する悪いと
思う気持ちや、恋という未知なものに対する恐怖があるんだろうなと思います。
それでも、竜児がこのまま積極的にアピールしていけば、カップルになれそうな感じ。
この2話でこんなに進展するとは思っていませんでした。

大河の方は既にはっきりと北村に振られてしまっていることや、今回北村と長く一緒に
いたことで違和感を感じてきたようです。徐々に竜児の存在の大きさに気付き始めたようで、
順調に距離を縮めている竜児と実乃梨を見て、亜美に奪われそうになっていた時とは違う
物悲しさを感じているようでした。
実乃梨と竜児が見た打ち上げ花火の勢いに対し、ひとり大河の手の中から静かに
消えていった線香花火の対比が凄い巧かったと思いました。

竜児の中では、大河も亜美も大切な存在なんでしょうけれど、異性としてはっきり
意識しているのってやっぱり実乃梨しかいないんでしょうね。
その辺の違いがあるからこそ、大河の中で、亜美と水泳対決で競っていたときとは違う
感情が芽生えてきた。この後どうなっていくとか、続きが気になって仕方ないです。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/07(日) 23:43:27|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<11月の携帯契約数、auが大苦戦 | ホーム | アニメ版「To Heart」のED曲って言えば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック大歓迎!関連記事のTBをお待ちしております!(業者・アダルト除く)
こちらからも基本的に必ずお返しするようにしておりますが、
たまにうまく送れない場合があるようですので、その際はお許しください。

■トラックバックURLはこちらです↓
http://miyuu24.blog73.fc2.com/tb.php/595-6e6cc396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナイト作戦に参戦×洞窟作戦×衝撃の結末!みのりんのフリーダムレベルに感服っす(ToT) とらドラ!第10話『花火』

 自分達2人に襲い掛かった恐怖体験で、結局、2人とも一睡すらできず(≧▽≦)  眠たそうにソファーでのけぞりながら、みのりが怖がりそうな...
  1. 2009/02/26(木) 18:06:16 |
  2. シュージローのマイルーム2号店

(アニメ感想) とらドラ! 第10話 「花火」

とらドラ! 4 (4) (電撃文庫 た 20-6)クチコミを見る 旅行2日目の早朝、竜児と大河は昨日の作戦失敗について反省していた……。今度はどうやって実乃梨を怖がらせようかと話し合うふたりの前に、突然北村が現れる。北村に自分たちが昨日の騒ぎの張本人だと知られて焦っ...
  1. 2008/12/10(水) 11:25:05 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

とらドラ!

 第10話 「花火」     ♪きみの線香花火を 持つ手が震える 揺らしちゃ駄目だよ いってるそばから 火玉がぽとりと落ちて ジュッ  ...
  1. 2008/12/08(月) 23:46:45 |
  2. まるとんとんの部屋

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する みつどもえ

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。