fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

「うみねこのなく頃に散」Episode7感想

Episode 7 「Requiem of the golden witch」。
今回のプレイ時間は10時間ジャストくらいでした。EP5に継ぐ短さかな?
お昼からほぼぶっ通しで進め、日付が変わる前にクリアしました。

本編が終わったと思ったときには短いな、と感じましたが、
竜騎士07先生がそう簡単に終わらせてくれる訳も無く・・・
ラストは今回もやってくれた感じです。

感想・・・正直、だいぶ核心を描いていることもあって、
何を書いてもネタバレになってしまうのでどうまとめていいか難しいですが、
うみねこではお約束とも言える新キャラクター追加で、猫箱と化した
六軒島の新しい一面を新たに描いていました。
表紙も飾る今回の新キャラ2名は個人的に好感触。

竜騎士07先生がゲーム盤のハラワタを引き摺り出すと言っていたように
今回は結構特殊な話の進め方。
出題編のEP1~EP4で描いていた「アンチミステリー対アンチファンタジー」
という観点で描いていた内容とは違うのはもちろんのことですが、
解答編であるEP5~EP6で「愛がなければ視えない」という観点から
描いていた内容とも全く異なる印象を受けました。

どういうことがきっかけで物語が動いたのかということがメインで、
EP5~EP6でミステリーとして解決する為に強引に固めていくような
展開ではなくて。動機を持たぬ魔女ではなく、心を持つ人間として
どうだったのかという面を丁寧に描き、物語を明かしていくようで。
この「うみねこ」の舞台設定については、EP1~EP6までの断片を拾いつつ、
ほぼ全て語られたのではないでしょうか?
個人的には、うみねこEP8の前半を進めているような感じでした。

キーワードだけで簡潔にまとめると、
 ・ベアトリーチェという人物に関する正体とその真実
 ・金蔵が出題した碑文の謎の答え
 ・1986年10月4日~5日に起こった事実
という核心の部分を重点的に描いており、
3つ目に関しては何とも非情。本当に救いの無いような話でした。

ただ、EP2のような魔女の一方的な攻撃に萎えることや、
EP5やEP6であったような腑に落ちない理詰めな展開が続くということもなく、
すんなり納得できるのも、そういう風に狙って描いているからこそ
なのだなと感じさせられました。
どういう風に描けば、読者に反感を持たせられるのか、
もしくは納得させられるのか、をわかった上でやってるとは、、、
多少強引ながらも、読者を愉しませる術を心得てらっしゃる。

ほぼ謎も解けたし、誰がどういう意図を持って動いていたかもわかったのですが、
肝心な部分はまだ一部隠されており、その辺りは最後の晩餐としてとっておく
つもりなのでしょう。ほんとじらすなぁと思います。

揺るがしようのないような事実を読者に突きつけた中でなお、
どういう風に最後をまとめようとしているのか気になります。
次回EP8が恐らくラストEpisodeになるはず!
年末が楽しみで仕方ありません。

【過去6編の感想】
Episode1 「Legend of the golden witch」 感想
Episode2 「Turn of the golden witch」 感想
Episode3 「Banquet of the golden witch」 感想
Episode4 「Alliance of the golden witch」 感想
Episode5 「End of the golden witch」 感想
Episode6 「Dawn of the golden witch」 感想
スポンサーサイト



  1. 2010/08/16(月) 00:56:22|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:2

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる