fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

「とらドラ!」 20話

第20話 「ずっと、このまま」。
敢えて告白を無かったことにして普段どおりのみのりんを演じることで、大河の元へ
竜児を帰そうとしていた実乃梨。だけど逆に大河の策にはまって竜児の手に触れて
しまったことで、図らずも自分の気持ちが溢れ出してしまう。
「大河のヤツ・・・大河のヤツ・・・大河のヤツ・・・」と顔を真っ赤にして怒っている
シーンが凄い可愛かったです。
振ったはずなのに、それでも向かってきてくれる竜児に対して、以前にも増して
気持ちが高まり、抑えきれなくなっているように感じました。

それにしても竜児を思うからこそ、自分の気持ちを殺して、自分を奮い立たせて、
実乃梨との仲を取り持とうとした大河の姿にほんと成長したなと思いました。
しおりを作りに大河の家に集まったシーンでも、ゴミを分別していたりと大河がひとりでも
きちんと生活できることをアピールして、竜児を安心させようとしている。
もはや「好き」というレベルではなくて「愛している」という感情に似ているように思いました。

大好きだった北村の思いを無駄にしないためにもすみれに正面から向かっていった時と
同じように、相手を本気で思うからこそ、自分の気持ちではなく、相手がどうしたら
本当に嬉しいのかということを考えて行動している。実乃梨、亜美が自分のために
一歩引いているのに大して、大河は竜児のことを思う一心で引こうとしている。
無償の愛・・・大人だと思います。
一方、あれだけ一緒にいると真っ赤になって緊張してしまっていた北村を前にしても普通に
接している姿を見る限り、大河の北村に対する恋心はすっかりなくなったようですね。

亜美の方は、忠告していたにも関わらず、大河と実乃梨の間で泥沼化させてしまった
鈍感な竜児に対して、苛立ちを隠せないようで。それに、確かに竜児と実乃梨が
カバンを半分ずつ持って仲良く登校してきたのを見たら「あ~あ」という気分になるかも。
鈍感な竜児もかなり悪いとは思うのですが、正面からはっきり言ってあげないと
竜児のようなタイプには伝わらないんじゃないかと感じます。
それを言えないのもまた彼女らしいところなのかもしれませんが・・・。

大河、実乃梨、亜美という3人の女の子が真剣に想いを寄せていることに気付かない竜児。
互いに譲り合おうとする大河と実乃梨。何だか馬鹿らしくなってきている亜美。
修学旅行でこの流れがどういう風に変わっていくのか、続きがすごい気になります。
スポンサーサイト



  1. 2009/02/23(月) 01:31:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる