fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

「とらドラ!」 15話

第15話「星は、遠く」。
今回は前回生徒会長から何かを聞かされてショックを受けた北村が自暴自棄に
なるという話でした。それにしても亜美の北村に対する観察力は凄い的確で、
髪を染めて騒いでグレるという問題行動も、裏を返してみれば、俺に構ってくれ
という弱い気持ちから来ているものだと見抜いている。
この年でこんな風に考えられるなんて本当に一皮向けたなと思います。

実乃梨も亜美のそんなみんなのことを客観的にわかってあげている部分を
凄い評価していて、自分にはとてもできないと言っている。
一方でそう考えられることに対して、「お前って優しいんだな」という竜児の
問いかけに「優しい?違うよ、違う!私はただ傲慢で・・・ずるいんだよ・・・」
と答えた実乃梨の真意はなんなんだろう?

最近では実乃梨のイメージが不思議な子ではなくて、自分の気持ちを素直に
表現できない不器用な子というイメージで定着してきているのですが、ほんと難しい。
本当は亜美のように言ってあげたいけれど、嫌われるのが怖くて、楽しい今が
失われるのが怖くて、いつもの仮面を被った明るいみのりんとしてでしかいられ
ないからということなんでしょうか?

前にも竜児の大河に対する掛け値なしの行動を凄い認めてくれていたし、
今回の亜美の北村に対する一見突け離したように見える優しさに対する
評価もそう。実乃梨にいったいどんな辛い事情があるんだろう・・・?
登場人物の中で実乃梨だけは本当に本心が読めないので余計気になります。

個人的には北村の弱さが大河をより翻弄してしまっている(都合のいいとき
だけ大河に優しくしている)ように見えるので北村は好きになれないですが、
今回の一件で北村に対して無力な自分に涙を流す大河は本当に彼のことを
思っているんだなと思いました。それほどまでに北村の存在は大きい。

それでも目の前にいる竜児の方がきっと誰よりも(実乃梨よりも)自分のことを
理解して優しく包んでくれていることにいつか気付くんじゃないかって信じて
いますが・・・そのときには実乃梨の気持ちが竜児に凄い近づいている可能性も
あるのでやっぱり複雑です。
スポンサーサイト



  1. 2009/01/19(月) 01:25:04|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:12
  4. | コメント:0

浸食ページ開設、満10年!

今日で「みずたにみゆうの浸食ページ」開設から満10年。11年目に突入しました。
2006年の後半からはFC2ブログを使った「さすらい旅日記」の更新しかしていない
ような気もしますが(汗)、それにしても早いものだなと実感します。

きっかけは高校の時に書いていた小説「夢の少女」「BELEAF」というものを
インターネットで公開したいと思い、高校の時の友人のサイトの一部を借りて、
運用を始めたことが始まりでした。当時、テレホーダイが普及し出したものの、
パソコン所有者がレアかつホームページというものが本格的に流行りだす前で、
Yahooがまだ手動で検索結果を掲載していたような時代です(笑)。

サイトを開設する半年くらい前にPCゲーム版「WHITE ALBUM」が発売して、
独特の雰囲気に飲まれ、「CLANNAD」を生み出した麻枝氏の出世作でもある
「ONE~輝く季節へ~」同様、当時かなりの影響を受けた記憶があります。
そう思うと、今年のアニメ化は、なんというタイミングというか巡り合わせというか、
そんなものを感じずにはいられませんが、あの時感じた気持ちと今では随分
違うのだろうなと思います。どこかにソフトがあるはずなので、時間が取れれば
久々にやってみたいです。

その後、「夢の少女」をADVにしようという企画が持ち上がって、それを1年半
掛けてゲームにしていきました。今では当たり前になっていますが、完成した
2000年夏当時では同人ゲームでフルボイスというのは異例で、内容としては
荒削りな部分が多いことも自覚していますが、同人ゲームが本格化していく
先駆けとして一部の方の記憶の片隅には残っているのではないかと思います。

ちょうど部屋を片付けていたところ、学生時代のものが色々と出てきたのですが、
忘れているものがほんと多くて、懐かしさのあまりちょっと見入ってしまいました。
年数を経るにつれて、得たものも多いですが、失っていったものも本当に多いな
と思います。昔交流があって、今は全く連絡を取っていない人とかにも久々に
会ったらどうなっているんだろう・・・。そう考えてしまいます。

そんなこんなで長くなりましたが、今後も引き続き更新を続けていきたいと思います。
いったい後何年やっていくのかは本人にもわかりませんが、お越しいただいている
皆様、よろしければ今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2009/01/19(月) 00:47:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる