fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

「とらドラ!」 7話

第7話「プールびらき」。
前回の予告を見ていて話をぶち切って飛ばされてしまうのかと思っていたのですが、
やや強引ではあるけれど、きちんと話を繋げてきました。
プールということで変なエロを強調した要素を入れてくる訳でもないのが高評価。
亜美や大河達の心の動きが凄いリアルで面白いです。

前回のラストのシーンの彼女の気持ちとしては竜児に対して恋に落ちたという
感覚で、冗談半分で彼に迫って感触を確かめるような感じでしたが、そこに
大河がたまたまやってきたことで、その気持ちが「大河に対して仕返しする」
という感情に置き換わってしまったように思います。
亜美によって自由気ままに生きているように見える大河がよっぽど妬ましいのかも。

外にいた実乃梨に対して、竜児はいないと嘘をついた大河。
共同戦線を張っている関係上、竜児が実乃梨に対して不利な状態にならない
ように気を遣ってくれたのか、それとも亜美が煽っていたように、思わぬ嫉妬から
ふたりの怪しい状態を認めたくなかったのか・・・。真意が気になります。
しかし、あの場にもし大河が来なかったらどんな展開になっていたんでしょう(汗)。

あと、前回の件で吹っ切れて、学校でも素のままの亜美でいくのかと思いきや、
表面は相変わらず猫被りなまんまだったことを考えると、竜児や大河に対して
ある意味で心を開いているのかなと思います。亜美の中では大河はライバルであり、
竜児はありのままの自分を受け入れてくれる数少ない存在。
そんな妙なバランスを保ったまま、女同士のケンカをしている辺りがかなり絶妙だなと。

あと「哀れ乳」とまで言われた大河の貧乳コンプレックスを解消してあげるために
徹夜で乳パッドを作ってあげたり、外れてしまったパッドをみんなに気付かれないように
何とか対処(笑)した竜児はやっぱり素敵。
ただ、竜児がそれまでまったく大河の体型のことを気にしていなかったことを考えると、
やっぱり異性として意識している訳ではなくて、家族のような感覚なんだろうなと思います。
それが他人から見たらあり得ないような距離感だからこそ、凄い貴重で心地よい関係だとは
思うのですが、もしこの関係が崩れてしまったらと考えるとちょっと怖いかもしれません。
スポンサーサイト



  1. 2008/11/13(木) 23:32:07|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:24
  4. | コメント:0

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる