fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

「かんなぎ」5話

第5話 「発現!しょくたくまじんを愛せよ」。
11月に入り「かんなぎ」も5話目になったので、初の個別感想を。これまでのまったり
丁寧な描写とは違って、駆け足気味の2話構成のような形になっていました。

前半(?)はざんげちゃんが仁を懐柔しようとして失敗する話で、ざんげちゃんの
悪女っぷりが妙に光っていました。思春期な仁には凄い効果的である女の武器を
使った攻撃はさすが。それでも料理オンチなナギが最終的にすべてかっさらっていく。
この姉妹のキャラクター付けは本当に生き生きとしていて巧いなと思うばかりです。

また、食事風景が妙に多いのもこの作品の面白みのひとつだと思うのですが、
毎回変な組み合わせ(今回だと味噌汁に牛乳)をやっている辺りが変なリアリティ
があって笑えます。(確かに思わず試してしまいそうな組み合わせなのですよね)

中盤から後半はナギのファンクラブ結成から学校への正式入学まで。
こっちは本当に急な流れで、前回までの話と比べるとちょっと置いていかれたような
そんな感じもありましたが、テンポが凄い良いところや、「うおっまぶし!」等、思わず
笑ってしまうようなネタがふんだんに仕込まれていて面白さが断然上回りました。

でも、最終的にはどの辺を落としどころにするつもりなんだろうと思ってしまいました。
元々、ちょっと変な神様と一緒に暮らす日常(?)を描いた作品だと思うので
何事も無く終わっていっても良い様な気もするのですが、白亜の父親涼城も登場し、
ナギが白亜に取り憑いたざんげちゃんを快く思っていない描写がやはり強いので、
それを追い出すところがひとまずのポイントになってくるのでしょうか。

■アニメ「かんなぎ」にヤマカン本人が出演、一部で大反響
■かんなぎ そろそろお話も進めなきゃという事なのか急展開気味に。

しかし、久々にネタが仕込まれていて、ヤマカンさんだけではなく、倉田さんや
作者の武梨さんまで本人出演させるとはこれ如何に、という感じです。
いや、思わず笑ってしまいましたけど(笑)。
スポンサーサイト



  1. 2008/11/03(月) 13:02:58|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる