fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

「キミキス pure rouge」 20話

#20 「uncontrollable」。
今回はサブタイトルの通り、摩央が、一輝が、自分の抑えられない感情をさらけだして
いたと思います。あとBパートの気合入り過ぎの作画もスタッフの強い熱意を抑え切れ
なかったってことなんでしょうか(苦笑)。いくらなんでもタッチが変わり過ぎでしょう。

とにかく言えることは、甲斐が思っていた以上に大人で良い奴だったんだなということ。
あれだけ振り回されて、勝手に別れを告げられたにも関わらず、自分が寄り掛かり過ぎて
いたと、自身のせいのように語っていたことから、どれだけ摩央のことを真剣に考えて
いるか、自分よりの相手が幸せになってくれることを祈っているのかが感じられました。
今回の一件で、甲斐は更に成長したのかもしれませんね。とても高校生とは思えない。
ほんとカッコ良過ぎますわ、彼。

一方の摩央は、私のことは気にしないでと言いつつも、素直に自分の感情が抑えられ
なかったことを告白し、光一を更に混乱の渦の中へ叩き込みます。結美も鋭く感じており、
光一も摩央のことの方が好きなんだと思い始めてしまっているのはかなりマズイです。
結美の気持ちがネガティブに戻りかかっている証拠で、それに気付けない光一の鈍感さと
無神経さも加わってか、更に不安定な状態になってしまっていると思います。
摩央の引越しも相まって、光一の心境が更に変わらなければ良いのですが・・・。

一輝の方は、自分の気持ちをストレートにぶつけます。他人の目や拒絶されることを恐れず、
何度も真っ直ぐにぶち当たっていった姿は素敵でカッコ良いなと思いました。
告白から逃げ、学校をサボった瑛理子の家へ花を持って一輝が押し掛けてきたのを見て、
普通の女の子のようにドキドキして落ち着きがなくなってしまったり、一輝が必死に告白の
練習をしているのを見て微笑ましく感じている姿が、普段とギャップがあって可愛いかったです。

そして、緊張しまくりの一輝の告白。何度も練習してきた言葉をいきなり噛んでしまって、
失敗してしまいましたが、逆にそのことで、ドラマの台本にあるような言葉じゃなく、
一輝の本心からの言葉で気持ちを伝えることができた。世の中には変わってしまう気持ちも
あるかもしれないけど、どんなにみっともなくても変えられない。それが瑛理子に対する気持ち。
その飾らないその言葉が瑛理子の心を打って。本人にもわからないけれど泣いていた。
瑛理子の傷つき、閉ざされていた心が、一輝の一途な気持ちで開かれたんだと思います。

もう駄目かと思われた一輝と瑛理子の関係もこれで一気に進展したこともあり、
一輝の為におしゃれに興味を持ち始めた明日夏の描写がかなり切ないです。
恋愛に奥手な明日夏は、ここから一輝のことを振り向かせることができるのでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2008/02/25(月) 01:31:37|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:22
  4. | コメント:2

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる