fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

School Days 12話と総括

最終話「スクールデイズ」。
昨日AT-Xで放送された最終話がYouTubeでアップされていましたので視聴しました。
放送中止になった時は、どうしてアニメが悪いんだ!という感じでしたが、
この最終回を見たら、むしろ斧女事件が無くても放送中止になったのではと
呼べるほどに救いようのない結末になっていました。

まさか包丁世界とノコギリ言葉が激突するシーンが見れようとは思いませんでしたが、
ラストで言葉が誠の首を持ってひとりでヨットに乗っているシーンを見ると、
あの「Nice boat!」さえ、伏線であったのだなと思わされます(笑)。

個人的な予想では原作の「我が子へ」EDが来ると思っていたのですが、実際には
「鮮血の結末」+「我が子へ」+オリジナルというような展開で、ここまで斜め上を
目指していたとはさすがに想像がつきませんでした。
PCの前で呆然としましたよ。

原作版でも誠は相当に酷い女たらしの無責任なクソ野郎でしたが、
アニメ版は世界に殺される程に徹底的に悪として描かれていたように思います。
「我が子へ」EDは、個人的には誠という人間を良い意味でも悪い意味でもよく表わした
エンディングだったので好きだったのですが、アニメ版は本当に救いようがない状態。
世界に滅多刺しにされて殺されたのも因果応報ではあると思いますが、
惨い顔で絶命した誠を見せられるとやっぱり笑えないですよ。
自分としては酷い鬱になるものを見せられたなというイメージが強く、
原作をクリアした時程の満足感は得られませんでした。

これを見ていると、製作者の意図って結局なんだったんでしょうねと考えさせられます。
浮気を繰り返したりしていい加減なことをしていると痛い目に遭うぞということが
最初に頭に浮かびますが、それよりもとんでもない展開を作って世間の話題に昇らせたい
という印象も受けました。結果的にその点は歴史に刻まれるほどのものになったと思います。

ここからは自分の勝手な想像も入っていますが、この最終話は最初から放送禁止に
なることを織り込み済みで作っていたのではないでしょうか。
そして放送禁止にしたうえで、未開封原作を持ってきた人だけを対象に試写会をする
ことで、信者相手に荒稼ぎをしたかったのではないかと。
放送禁止になってから1週間もしないうちに頃合をみて試写会が執り行われるなんて
なんかすべてが都合良く進み過ぎなのですよね。
そう考えると、AT-Xで放送が決まった時に一番驚いたのは視聴者ではなくて
Overflowのスタッフだったのでないでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2007/09/28(金) 22:52:19|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:72
  4. | コメント:2

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる