fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

「ハヤテのごとく!」26話

「お届けまで29分でしたので、規定通りの料金でお支払いお願いします……は、遠い前世紀の話」。
長いサブタイトルは書くのが大変です。

今回は西沢さんをクローズアップしたオリジナル回ですが、まずは作画が危険域ギリギリで
ドキドキでした。あちこち動きが微妙だったので、残念。伊澄の回は気合入れるのになぁ。
この辺もお嬢様と平凡女子高生の差だったりするのでしょうか。

展開自体は、まあまあしっかりしていて、完全に破綻している訳ではなかったです。
前回の伊澄との一件でハヤテが気合を入れ直していたり、ギルバートが遺産欲しさに
また襲ってきたり(咲夜も出てきた!)、釣りの回で出てきた独自の生態系を持つ
三千院湖を出したりと前後の整合性を出そうという意志は感じられました。

それでも各所でちらちらと気になる部分がありまして、
まずはギルバートの服装の件。ドロンジョ様はどう考えても無いでしょう。
まだ爆発して逃げ帰っていく時だけはありかもしれませんが、最初から当たり前の
ように出されると、ギルバートというキャラ性自体が歪んでしまいます。
次は西沢さんがピーが入る言葉を言っていること。これも平凡を売りにする彼女が
言うようなことでは無いかと。もうピーが入るネタ系は無しでいいんじゃないでしょうか。

良かった部分は、勢いで記憶喪失を演じてしまうハヤテと、勢いでハヤテを
自分の執事にしてしまった西沢さんの息がぴったり合っていたことでしょうか。
この話は、このふたりではないと出来なかっただろうなと思うので、
こう考えると、このふたりは結構お似合いだなぁ、と思います。
あと、お姫様抱っこをされて頬を赤らめたり、ハヤテの視点に立って物事を考えてみたり、
臆しながらもきちんと自分の気持ちを伝えようとする西沢さんが可愛い過ぎです。

来週は結局、必殺技も覚えないまま、3クール目に突入+OPが変わるようです。
(ソニアやリィン神父などは本気で登場しないかもしれませんね)
しかし、執事バトルとは・・・。何ともカオスな展開に入りそうで不安です。
スポンサーサイト



  1. 2007/09/23(日) 11:29:43|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:67
  4. | コメント:0

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる