fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

「らき☆すた」24話と総括

第24話「未定」。
昨日は関西では「絶望先生」が1時間ずれ込み、最終回だからリアルタイムで
レビューを書こう!と思っていた夢が見事に潰えました(泣)。

なんだかんだで毎回見ていたこの作品ですが、最後までペースを崩さずに
良く続けられたな、と感心するばかりです。ラストのメインキャラ10人でのダンスは
京アニらしさがよく出ていたと思いますし、最終回っぽくない「らしさ」も素敵でした。
来週になったら、普通にやってそうなイメージがあります(笑)。

思えば、最初は録り溜めしていて、監督交代劇をきっかけに見始めてハマッた
感じでしたが、今期の特長とも言えるオタネタをベースにしつつも、それ一辺倒
という訳でもなく、オタク的な視点で日常的に「それ、あるある」と共感させられる
話が多くて、地味に面白いのですよね。
今期のアニメでよく見られる「ネタを詰め込むだけ詰め込んでみた」という感じ
ではなく、あくまでも共感を呼ぼうとするスタイルで、押し付けがましい部分が
少なかった点が特徴的かと。
そして各キャラがきちんと立っているうえに、間の取り方も自然だし、
基本的に見ていて疲れないというか、ほのぼのできるというか。

それでも、スポンサーをうまく利用して、ハルヒ、アニメ店長、ゲーマーズ、テレ東系
などのネタを盛り込んでみたり(ハルヒ関係はちょっとやりすぎ感も漂っていましたが)、
おまけコーナーのらっきーちゃんねるが本編を食ってしまいそうな勢いだったり、
前半はカラオケED、後半は白石稔のその仲間達による実写EDというイレギュラー
な演出を行なう等、ハルヒからの尖った演出に度肝を抜かれる部分も多かったです。
また、本編では2006年からの時事にきちんと沿って話を進めている点なども
芸が細かくて評価に値する部分だなと思います。

やっぱり一番評価できる部分は、画質が綺麗で安定しており、話が丁寧に作られて
いるということでしょうか。当たり前といえば当たり前なのですが、両者を最後まで
満たして終える作品なんて最近では滅多になくなってしまったので、そう思えば、
かなりの良作だったのではないかと思います。

この勢いに乗ったまま、来月からは「CLANNAD」地上波放映ということで楽しみ。
「ハルヒ」や「らき☆すた」のようにぶっ飛んだ感じはなく、むしろ「KANON」などと
同じようにかなり原作に準拠した展開になると予想しているので、原作ファン的には、
丁寧で高画質という部分で、京アニの恩恵を受けられるのではないかと考えてます。
関西ではTBSの放送から10日程遅れそうな感じで、リアルタイム性に欠けそうですが、
かなり好きな作品なので、是非レビューをあげていきたいと思います。
スポンサーサイト



  1. 2007/09/19(水) 01:14:23|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:20
  4. | コメント:2

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる