fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

School Days 11話

第十一話「みんなの誠」。
冒頭から、光が毒牙に掛かって暫く経った状態から始まります。ショック。
彼女だけは毒牙に掛かって欲しくなかったのですが、まあ、その辺の
過程が省かれていただけ、まだマシと言えるんでしょうか。
でも誠と親密になったフランクな光って個人的には結構好きだったりします。

ただ、それだけでは済まずに、世界が学校に来なくなったことをいい事に
学校の女の子達を片っ端から食い散らかしていく誠が凄い。
こんな風に光ルートを繋げてくるとは・・・。
乙女の取り巻き3人と一緒に・・・なんてのも笑えないし。
誠も異常だが、そんなことを提案する3人組には吐き気さえします。

それでいて、世界の妊娠が発覚した途端、俺は悪くない、世界が悪いと
全部相手のせいにしようとする誠。
当然、自分もああなっては堪らないとばかりに女子達から一斉に
そっぽ向かれ(これはこれで物凄く怖いのですが)、純粋に好きという
気持ちを持っていた乙女でさえ、彼の無責任な態度に幻滅して離れていく。
(乙女が電話掛けてきた時の誠のトーンの上がり方が気持ち悪すぎで、
本当に体目当てなんだなって伝わってきます)

ここで反省のひとつでもすればまだ少しは可愛げがあるのですが、
なんで俺がこんな目に遭わなくちゃいけないんだよ、と怒り出す始末。
どうみても自業自得だろと誰もがツッコミそうな感じですが、
あいつにはそんなことを言っても無駄なのでしょう。

そんな常軌を逸した男でも、言葉がコワレているのを知ってさすがに
驚いたようで。死んだ瞳で壊れたラジオのようにしゃべり続ける姿は
見ていて痛々しすぎです。
それでも、四面楚歌に陥った誠には神の一声だったのか、やっぱり言葉が
好きだと抱きしめ、失われていた言葉の瞳に光を取り戻させます。
言葉視点でこのシーンだけを見ればほんと感動的なのですけどね・・・。
ある意味ハッピーエンドというか、元の鞘に戻ったという感じなのですが、
世界が妊娠してしまっている以上、視聴者には最高のエンディングと
言えそうな「我が子へ」EDへ進むのは間違いないではないかと思います。
スポンサーサイト



  1. 2007/09/15(土) 15:18:49|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:17
  4. | コメント:4

ひぐらしのなく頃に解 11話

皆殺し編」其の六「強い意志」。
沙都子の、圭一達の、鉄平に対する戦いも遂に完結。

梨花の説得シーンは良かったですね。
叔母のイビリから守ってくれた悟史の背中を思い出してほしい。
悟史が帰ってくるまで怯えながら耐えることが勇気ではなく、
悟史と同じように立ち向かうことが勇気なのだと。
これこそ、「祟殺し編」で成し得なかった本当の解なのだと思います。

そしてようやく「皆殺し編」の本題に入っていく訳ですが、
綿流しのお祭りでは、梨花がこの100年の苦労を振り返り、
長々と感動に浸るシーンがあったのですが、
こうも簡潔にまとめられてしまうとは。
ここまでやったという達成感も味わわせてもらえないまま、
怒涛の展開で、黒幕、終末作戦の話へ進んでしまうのは残念。
思いっきり持ち上げておいてから落とすのがステキなのに。

構成としては完璧なくらい良くまとまっているのですが、
原作を知っていると、いかにアニメが淡々と話が進んでいっていて、
個々のキャラの感情が描写されていないことがわかってしまうか。
それぞれの台詞も1/3程度は削られていますしね。
先週、無駄に原作(PC)をやり直さなければよかったと後悔。

ここまででルートX(圭一、レナ、詩音のいずれかによる凶行)と
ルートZ(園崎家の暗躍)についての問題は解決した訳ですが、
梨花が一番知りたがっているルートY(富竹、鷹野、梨花の避けられぬ死)
について真相が明かされていきます。

その事実は驚愕に値するもので、本来は雛見沢症候群の拡大を
防ぐ為に来ていたはずの鷹野や小此木率いる山狗が実は逆の
目的をもって派遣されてきていたということ。
鷹野の妖艶さ、冷酷さ、は見ている側に恐怖を与えます。

急性発症を促す殺人薬H173。既に破棄されていたはずの
それが投与されたことで富竹は一気にレベル5に達し、
咽喉を掻き毟って自殺してしまう。
「祟殺し編」で圭一が鷹野の車に乗せられた時にみた富竹
の折りたたみ自転車がまさに富竹のもので、
鷹野は偽装自殺ということで、「綿流し編」で出てきた
圭一を恐怖に陥れた鷹野の死亡時間の謎も判明します。

このペースで進んでいくと、あと2週間で「皆殺し編」が終わって
しまいそうですが、残り全てを「祭囃し編」に充てるのでしょうか。
  1. 2007/09/15(土) 12:23:17|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:51
  4. | コメント:0

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる