FC2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

School Days 3話

ラストの一言で、これまでの展開をいとも簡単に否定した誠。
「すれ違う想い」というより、「全然かみ合わないふたり」ですね。

男には本当に好きな相手は名前で呼びにくいってのもあると
思うのですが、言葉のことを全く考えていない辺り、
相変わらずの自己中っぷりです。
その上、何で俺のことが好きなはずなのに、俺の気持ちが
わからないんだとばかりに、「(あんな態度ばかり取って)
言葉と付き合うのはめんどくさい」と言ってのけてしまいます。

こう世界に告げたことで、誠の心が言葉から離れてきたことを感じ、
本格的に誠へ接近する可能性が出てきたと思います。
あと、刹那も世界に「伊藤が好きなのか」とわざわざバイト先まで
出向いて確認していたことから、乗り出しそうな感じがします。
乙女も文化祭へ向けて動きそうな感じはしますが、まだ勢いが
足りない感じ。本格的に混沌としてきました。

それを象徴してか、ED曲がいとうかなこさんに変わってました。
原作と同じように展開によって曲が変わるのでしょうか。
そう考えると、鮮血の結末へ向け、1つフラグが立ったと考えるのが
自然かもしれません。

あと、今回は脇役キャラの紹介か?といった意味合いもあるのかなと
思わせるくらい、色々なキャラの出番がありました。
 心、光、甘露寺、乙女と3人娘
乙女はなかなかアクションを起こせないと思うので、このままいくと
原作の甘露寺を超えるイジメキャラになってしまいそうですね。
スポンサーサイト



  1. 2007/07/21(土) 21:19:30|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:8
  4. | コメント:2

ひぐらしのなく頃に解 3話

「厄醒し編」其の弐「無力」。
コミカル&萌えなシーンも多かったですが、サブタイトル通り、
梨花ちゃんの無力感・絶望感が前面に表れた回でした。

今回、一番大きなポイントは、羽入が声のみで登場したこと。
沙都子という第三者からの視点で描くことで梨花ちゃんに
隠し事があることをうまく暗示し、含みを持たせています。

「梨花ちゃんの独り言?」
   ↓
「もしかして、本当に誰かと話している?」

しかし、梨花ちゃんの自嘲的な姿勢は相当なもので、
沙都子に羽入と話しているシーンを目撃されても気にしない。
大切に思っているはずの沙都子に対しても全く配慮がなく、
完全に自分の殻に閉じこもってしまっている。

前回から沙都子が、何度心配して声を掛けているか。
そんな姿勢がどれだけ沙都子に心配させているのかなんて
何も考えていない。
沙都子に、自分の所為で梨花が苦しんでいるのではないか、
と思わせてしまっている。
「沙都子を巻き込みたくない」と言っている割には、何て身勝手。
悲劇のヒロインを気取り、自分のことだけしか考えていない。

精神的な余裕も全く無く、普段は可愛らしい猫を被った演技が、
無理していることがありありと伝わるほどに上っ面過ぎて、
見ていて痛々しい。

また、沙都子に対する雛見沢の住人の扱いが丁寧に描かれました。
沙都子と梨花ちゃんの扱いの違いがあまりに露骨です。
原作では定番の描写ではありますが、映像で出されると、
あまりの扱いの酷さに反吐が出そうになります。
野球シーンや部活シーンでの元気な沙都子が実に対照的で、
見ていて居たたまれない。辛いすぎる・・・。

クオリティの高い絵により、沙都子の細かい表情の動きが描かれていて、
辛さをより増幅させています。

大石と部活メンバーの距離感もさりげないポイント。
惨劇を回避する為には、まだまだ力が足りないようです。
  1. 2007/07/21(土) 07:12:36|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:21
  4. | コメント:0

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる