fc2ブログ

みずたにみゆうの浸食ページ

さすらい旅日記―みずたにみゆうによる「ゲーム」「CG」「小説」の創作や、
 「アニメ」「ゲーム」「携帯電話」などのレビューを行なっています。(ネタバレ注意!)

2022大晦日

2022年もそろそろ終わろうとしています。

今年は仕事納めの翌日から今日まで車を飛ばして旅行に出ていました。
コロナで旅行らしいものを暫くできていなかっただけに本当に楽しかった!
その後、19年連続となる年越しそばを今年も作りました。
今年は珍しく手早くうまく作ることができました。
2022大晦日

今年は色々と変化のあった1年でした。
まずは引っ越し。
10年ほど住んだ家から心機一転引っ越しをして新しい場所で住み始めています。
家を探していた時にあれ?ここに住むんじゃないかと感じたのもあって、
住み始めてからも凄いすんなりと住めています。

ただ、その後は結構大変で春に倒れて初めて1週間ほど入院しました。
忙しかったのと色々とストレスが重なったのか、目が回って身動き取れなくなりました。
自分で歩くことができないのは本当に辛いなと実感しました。

夏の終わりには遂にコロナにも罹ってしまったのですが、
高熱が2日間出たのみで、それ以外の症状はなく軽症だったみたいで、
入院した時の方が数倍辛かったです。

個人の活動としては、
去年令和版の『夢の少女』を小説家になろうのサイトで公開したこともあって、
久々に絵も描きました。美雪と唯を描いています。
美雪 唯

自作小説の方は第二弾ということで『Heaven's Gate』の執筆を再開しています。
2003年に掲載を開始して途中で止まってしまっていたままの作品を完結すべく
引き続き進行中です。週次更新で過去の文章から更に加筆・校正を重ねつつ
進めていましたが、12月の上旬でストックがなくなり追い付かれてしまいました。。。
少しずつ書き進めていますので来年中には完結させる予定です。

今年はアニメが凄い豊作な年で、リストアップするのが難しいレベルですが、
鬼滅の刃2期、SPY×FAMILY、チェーンソーマン、その着せ替え人形は恋をする、
サマータイムレンダ、平家物語、BLEACH 千年血戦篇、水星の魔女、うる星やつら等々。
映画もアニメが強く、呪術廻戦0、すずめの戸締り、ONE PIECE FILM RED。
主題歌に有名アーティストがコラボして、アニソン?が人気ランキングの上位を
列席していたのも凄い特徴的でした。
もうアニメ好きだと言って冷たい目で見られる時代は過ぎ去ったみたいです。

ドラマは大河ドラマ「鎌倉殿の十三人」は物凄い面白く、朝ドラ「舞い上がれ!」は
心に寄り添った名作で、その他漫画原作のドラマとして「ミステリと言う勿れ」「妻、小学生になる」
等を見ていました。

ゲームはスマホゲームが一周したような感じがしていて、またコンシューマ人気とともに
Steamが凄い伸びた1年だったような気がします。
SteamDeckも発売されましたし、来年どう流れが変わっていくのだろう。
個人的には「ヘブンバーンズレッド」で麻枝さんの作品にまた触れることができて嬉しいです。
ここ最近のアニメ作品はどうもイマイチなものが多かったので。

一方でコロナが3年目になり、緊張感も薄れてきたのか、一時期猛プッシュされていた
VRにブレーキが掛かった気もしています。
ソードアートオンラインの世界はまだまだやってこないのだろうか・・・。

世の中の動向としてはロシアとウクライナの戦争、アメリカのインフレ等もあってか、
日本の市場価値が更に低下した1年でもあった気がします。
円安で1ドル150円を体験できるなんて年初には想像していませんでした。
その影響で各種値上げラッシュ。来年もこの流れは継続していきそうです。
今のままでは本当に国の将来が心配で、次世代の人たちが明るく楽しく過ごせる
時代はやってくるのだろうか。。。

仕事的には新しい若い人たちを育成するという観点で色々と接する機会が増えた1年でした。
そもそもコミュニケーションが苦手な人間であるのと、年も離れているのもあって
なかなかうまく行かないことも多かったですが、新しい刺激にはなっています。
人と向き合うことの大切さをこの年になって改めて実感しています。
若い頃に気付けていたらもっと違った人生になっていたのかな・・・。

プライベートでは、自分の時間を大切にする1年になっていたと思います。
よくドライブに出掛けたり、久々に旅行に出たりと、少し時間の使い方が変わりました。
あと、GRAVITYというSNSアプリを始めてみています。
みずたにみゆうではなく、あくまでもわたし個人として、
今までではなかなか出会えなかった人との縁が少しできたような気がします。

コロナも明けてきて(?)、生き方も変わってきて、来年以降、自分はどうなっていくのだろう?
そんな自問をする機会が凄い増えてきています。
良い方向に進んでいくことを祈りつつ。

それでは、よいお年を。
スポンサーサイト



  1. 2022/12/31(土) 23:12:36|
  2. 年末年始
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2022年謹賀新年

mizutanimiyuu

RT @angelfrench: 今日が12月26日だと思ってる人だけが見える栞。よい新年を。 https://t.co/2HNMs6Xhlk
01-01 00:03

明けましておめでとうございます今年も良い一年になりますように
01-01 00:01

  1. 2022/01/02(日) 04:09:00|
  2. 年末年始
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021大晦日

2021年ももうすぐ終わろうとしています。
2021年大晦日
18年連続となる年越し蕎麦を今年も作りました。

今年は家の大掃除を相当しっかりやっており、不要な本や物を売りに行ったりしつつ、
年末感の少ない年末になっています。
大晦日に雪が舞ったのは今まで無かったように思うので新鮮でした。

更に笑ってはいけないの放送がないということで、紅白歌合戦を見ずに
「AIR」のアニメ版を何故か一気見して結構ギリギリな時間に日記を書き始めています。

今年はコロナ2年目ということもあり、相当な我慢を強いられたり、
当たり前だったものが失われた1年だったと思います。
コロナが発端になったかどうかは分かりませんが、
それ以外にも結構色々な出来事がありました。
その辺の話はこのブログでは書けなさそうなので割愛するとして、
来年は今年を発端に色々な変化が起こりそうな1年になりそうです。

仕事面は結構順調に物事が進み、評価もされる年になったような気がします。
人との関わり方も少し変えていくようにして、縁を大事にするように変わってきました。
今年のやり方をベースに来年以降もより良い進め方が模索出来ると良いなと思います。

コロナワクチン接種の影響かどうかは分かりませんが、9月に右肩が上がらなくなり、
毎週リハビリに通うことになりビックリ。それはそれで良い経験になっています。
(年末時点でもまだ完治に至っていませんが)

それをきっかけとして、ずっと止まっていた文章執筆も久々に再開させています。
『Heven's Gate』の11年ぶりの更新を発端に、『夢の少女』を令和の時代に再編集し、
『夢の少女~Be Brave~』として「小説家になろう」のサイトで公開してみました。

仕事を頑張った分、冬のボーナスが少し多かったので、ノートパソコンを久々に買い替えました。
年始めに仕事で使うPCをM1 Macbookに変えたこともあって、軽快な動きのラップトップは
素敵だなと、Windowsで良さげなPCを探していたのですが、高スペックでMacbookと同じくらいの大きさで
値段も手ごろなものを見つけたので、自分のクリスマスプレゼントとして買い換えました。
まだ使い始めたばかりなので、少しずつ慣れていきたいと思います。

他にもテレビが壊れて買い替えたり、エアコンが壊れて買い替えたり。。。
身の回りのものが新しいものに置き換わっていきました。

スマホは前回購入した端末がある意味不良品なんじゃないかということで2年使わずに
春先に後継機に買い換えたのですが、そいつは結構気に入って使っています。
ノートパソコンもそうですが、ある程度の軽快さは重要だなと思います。

こう書いていると変化を求めだした1年だったように思います。
バタバタしていることが多かったですが、振り返ると良い年だったように感じます。
来年の大晦日にこの日記を書いている頃に一体どうなっているんだろうと思いつつ、
今年を終えて行きたいと思います。

良いお年をお迎えください。
  1. 2021/12/31(金) 23:33:28|
  2. 年末年始
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2020大晦日

2020年もそろそろ終わろうとしています。
今年はコロナウィルスに世の中をひっくり返された1年になりました。
2020大晦日
年越し蕎麦は17年連続作成になるようです(去年の自分のblog参照)

正直去年の年末の段階ではこんな大晦日を迎えているとは夢にも思っていませんでした。
1940年に続き2度目の東京オリンピックが流れることになるとは。
令和に入ってから本当に想像もしていなかったことばかりが起こっている気がしています。

春先には緊急事態宣言が発令され、私もテレワークや在宅勤務などの今までになかった
仕事の取組み方を行ったりもしました。(人によってはずっと継続されている方も)
どちらも一長一短で個人的には複合型が一番効率良いんじゃないかと思いました。

政治についてもコロナの影響で安部政権がひっくり返り、菅政権もコロナ対策で一気に
支持率を落としているように感じており、イレギュラーが発生している時期の対応が
如何に難しいかと感じさせられています。
アメリカもコロナの影響かトランプが負ける&未だに混とんとしている状況が発生。

芸能界としては、嵐が休止という予定も大きな話題になっていましたが、それ以上に
コロナで志村けんや岡江さんが亡くなられたり、三浦春馬や竹内結子が謎の自殺をするなど、
当たり前のようにいてくれると思っていた方が突如いなくなってしまう事態に見舞われ、
結構ショックを受けました。

コロナの影響もあってか、ゲームは家で遊べる「あつまれどうぶつの森」が大ヒット。
一方で足を運ばないと遊べないゲームセンターなどアミューズメント施設が大打撃を受け、
年末にはセガがゲーセン事業を売却するという事態にも発展しました。

ソシャゲは去年に増してレッドオーシャン化して、中華系のゲームが更に台頭。
「原神」が結構強烈でした。個人的には「AFKアリーナ」は意欲的でよくできていて
よくやっていました。

テレビもコロナの影響で春から夏に掛けて放送がストップしたり、短縮されたり。
今年は連続小説ドラマ「エール」がかなり面白く、このコロナ禍に凄いメッセージ性を
残してくれる名作だったと思っています。毎週笑ったり泣いたり感動したり。
途中で一旦放送中断しましたが、その分だけより後半も深みが出て良かったです。

民放ドラマもコロナの影響で癒し、ストレス発散などのできるものが流行りました。
「恋つづ」「ナギサさん」「半沢直樹」など。

アニメは去年に引き続き「鬼滅の刃」がヒットし、劇場版「無限列車編」は300億を超え、
歴代1位の興行収入を達成しました。これも内容的にコロナ禍に凄い刺さる内容で
今年だからこそより大ヒットしたんだろうなと思っています。
主題歌の炎も大ヒットし、LiSAがレコード大賞で最優秀賞に受賞されたもの印象的。

それ以外の作品だと、久々に復活した「ひぐらし」もそうですが、
先週までやっていた「無能なナナ」は結構好きでした。
私自身が実はミステリ系が好きなんだなとこの年になってようやく気付いたようです。

厳しい1年だったからこそ焦らずに着実に一歩ずつ頑張らないといけないと強く感じさせられたので、
できる限り前を向いて進んでいきたいと考えています。

来年はもっとよい1年になることを祈っています。
よいお年を。
  1. 2020/12/31(木) 22:19:23|
  2. 年末年始
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019大晦日

2019年もそろそろ終わろうとしています。
平成が4月末で終わり、新しい令和という時代に入った1年でした。
暖冬だったからか例年に増して年末感が薄く、今日で終わるなんて信じられないです。
2019大晦日
年越し蕎麦を作ったのは16年連続になります。(写真は15枚目の模様)

今年もあっという間だったのですが、例年と違っていたのは40歳という大台に達したこと。
また、ホームページ「みずたにみゆうの浸食ページ」を立ち上げたのが1999年で
それから20年も経ったのかと思うと本当に時間の経過が早いなと思います。

軽くリンク先を辿ってみたのですが、結構無くなってしまっている先や更新停止された先が多く
自分自身もある意味更新停止状態になっていることを考えると仕方ないのかなとは思います。
Blog側は先ほどリンク切れの削除等最低限の整理をしましたが、
Flashで動いていた時計が完全に使えなくなっていたのでその辺もまた時代の流れを感じます。

小説やイラストを描いたり、「夢の少女」という同人ゲームを作ったのも20年も昔になっており、
その頃と比べると私自身も少しずつ変わっていっているので、
もはや第三者が作った作品といっても過言ではないなと。
小説「HeavensGate」の執筆が途中のままになっており、そろそろ再開しないとなと思いつつも
最終更新が2010年になっているのを見て、10年経ってしまっていると愕然としている状態。

当時ネット上でやり取りされていた方やゲーム開発に参加してくれた方々は今どうしているんだろう。
PC壊れたり等で連絡手段がなくなってしまっているので、連絡取れるのならば近況聞きたいです。
昔の自分は特に連絡取っていなくてもどこかで元気で生きてくれていたらいいやみたいな考えがあり、
連絡先をきちんと持っておかなかったり、消してしまったこともあったので本当に連絡取れない。
凄いお世話になった方でお礼を言いたいなという気持ちはあれどどうしようもない。
もしこの記事読んで何かアクションしてくれる方がいれば歓迎いたします。

Windows7も年明け早々にサポート対象外になるということで家のノートPCもWindows10にアップグレードしました。
そこまで利用する頻度も高くないのでまだ当面このままでいけそうですが、XPモードとかが使えなくなるので
(全然使っていないけど)ひと昔前に買ったゲームやソフト等が遊べなくなりそうなのが残念です。

アニメや漫画については、今年は「鬼滅の刃」の年だったように思います。LISAも紅白で紅蓮華唄いました。
個人的には「五等分の花嫁」がアニメ公開後にとんでもない勢いで人気が上がり結構ハマりました。
ラブコメかと思いきやあんなにミステリー風な作品も珍しい。
同じラブコメ系だと「僕たちは勉強ができない」や「ドメスティックな彼女」も結構好きでした。
「ヴィンランドサガ」は深みが半端なくて、相当心を動かされました。

映画もそれなりに見にいったのですが、アニメだと「青春ブタ野郎」や「リゼロ」が良かった。
どちらも結構心を動かされました。昔に比べて感情が動きやすくなっているのか、涙脆いことも多く。
漫画原作実写作品「キングダム」や「かぐやさま」、「賭ケグルイ」も面白かったです。

ドラマについては、大河ドラマ「いだてん」は過去最低の視聴率を叩き出しつつも最後まで視聴、
最近は珍しく朝ドラを見て「スカーレット」に結構ハマっていたりします。

世の中という部分では、日本経済は本格的に後退しているな…と。働き方改革も本格的に施行され出し、
他国の所得の伸びに比べると日本はずっと変わらず国内の方が人件費安いんじゃと言えるようになってきた。
ファーウェイを中心として中国がスマホ関連では大きく存在感を表した1年でした。
トランプ大統領の焦りも相当だと感じています。今年の経済戦争を発端にして本格的な戦争にならないか心配。

スマホについては、もはやカメラにしか力を入れる部分がないんじゃという印象が。
カメラレンズの数もどんどん増え、タピオカカメラという言葉も流行りました。
5Gの普及で来年以降革新的な変化が起こるのだろうか??

ソーシャルゲームはいよいよ頭打ちになってきた印象が強く、
来年以降はどうなっていくのだろうと凄い気になっています。
サブスクリプションモデルが流行るのか、売り切りという形で原点回帰を果たすのか。
国内のパブリッシャーがなかなか厳しそうで、中国を中心とした海外の勢いがどんどん増してきています。
個人的には「LOADS MOBILE」「トロとパズル」をよくやっていました。

来年はどんな1年になるのだろう。
良い1年になるといいなと思います。

それではよいお年を。
  1. 2019/12/31(火) 21:24:56|
  2. 年末年始
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018大晦日

2018年もそろそろ終わろうとしています。
今年も大晦日のみの更新になっていますが、久々過ぎてブログのログイン方法を忘れていたり。
この為だけにドメインやサーバを維持している感じになっています。

今年は数年ぶりに仕事で更新確認などがなく、ゆったりできています。
今日の夕方まで旅行にでていたので戻ってから紅白を見つつ年越し蕎麦を作りました。
2018大晦日
去年と比較するとお椀も箸もまったく一緒だったようで、変化はないのかなと思いつつも
去年よりも更に手早く作れるようになっているようです。

今年の紅白はかなり手が込んでいて、2曲ずつ歌ってみたり、構成が面白かったり、
米津玄師やサザンを呼んでみたりと、とにかくガキ使にチャンネルを変えさせてくれません(笑)。

今年は天皇が生前退位をきめられたこともあり、最後の平成という言葉が使われ、
世間やテレビや色々なものがこの30年を振り返るという形になり
これまで生きてきた中では感じたことのないような1年になりました。
昭和生まれの人間としては本当に不思議な感じで、昭和が終わった時を
おばあちゃんの家に帰省中に過ごした記憶が蘇ってくるのですが、
あの時とは全然違った感じがしています。(まだ4ヶ月あるのだから当然かな?)

時代の移り変わりのせいなのか、やたらと災害が多かった1年だったとおもいます。
今年も1文字も「災」に決まったほど。
地震や豪雨、台風と毎月のように色々やってきて、鉄道会社の計画運休に伴って
会社が数回臨時休業になるというケースが発生したのも印象的でした。
9月の台風21号の際は大阪に直撃して相当な傷跡を残していき、
そのダメージは家の近所を含めて、未だにあちこちに残っています。

また、有名な方が一気に亡くなった年でもありました。若くして亡くなった方も多く、
個人的には放射能の影響がそろそろ出てきてしまったのかなと不安になっていますが、
これも平成という時代の終わりを象徴しているように感じています。

テレビやアニメについては、そこそこ見ていたのですが、
特に印象に残っているのは山﨑賢人主演の「トドメの接吻」でしょうか。
ストーリー展開やキャラ設定が凄く好みだったうえに、
菅田将暉がうたった主題歌「さよならエレジー」もかなり印象に残っています。

大河ドラマ「西郷どん」も初回に仕事の緊急対応でまともに見れなかった以外は
ずっと見ており、かなり楽しませてもらいました。鈴木亮平の役者魂は凄過ぎる。

アニメは・・・あれ、あまり頭に浮かんでくる作品がないです。
結構豊作な1年だったはずなのですが、ブルーレイ買いたい、と思うほどの作品はなかったかな。

よく遊んでいたソシャゲとしては「ダンメモ」「キングスレイド」でしょうか。
「ダンメモ」は良くできてるな~と思ってやっていたのですが、
「キンスレ」をやってからはガシャ脱却モデルの成功例を此処に見たように感じられ、
こちらにすっかりにはまってしまっています。好きなキャラをどこまでも強くし続けられるのは本当に凄い。
すっかりレッドオーシャン化しか業界に対して一石を投じてくれたように思う一方で、
日本以外の企業がどんどん力を付けて来ていて危機感も感じています。

AppleがiPhoneXsとX MAXを発売して値段が高すぎて売れないというのも印象的でした。
信者が多いとはいえ、流石に限界はあるのでしょう。
個人的にはGoogleがPixel3を日本にも投入を行なったことや、
アメリカの影響かファーウェイが締め出しを食らったのも業界ニュースとしては印象的でした。

仕事面としては、効率化や連携強化を求められる一年でした。
メインではスマホソシャゲ以外の案件もやってみており、
まだリリースに漕ぎ着けていないのですがどんな風になっていくのか凄い楽しみな状態です。

去年に続き夜更かしをせずに寝る日々が当たり前になってきており、
健康なのかと思いつつも40歳を目前として体力もだいぶ減ってきている気がしております。
体は壊さないように来年もいい感じに頑張っていればと思います。

それでは良いお年を。
  1. 2018/12/31(月) 22:36:10|
  2. 年末年始
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017大晦日

2017年もそろそろ終わろうとしています。
例年に漏れず、今年も大晦日のみの記事更新になってしまいました。

今年の年越し蕎麦は結構すんなり作ることができ、味もなかなかおいしくできました。
2017大晦日

年頭くらいは、精神的に脆かったり足らない面を補強する時期なのかなと思い、
本を読んでみる機会を増やしました。
ただ、何ヶ月か経つと記憶からぼろぼろと抜けていってしまうことが多かったので、
身に付けるという意味ではあまり力にはなっていなかったのかなと思っています。

春くらいからは結構仕事が忙しくなり、そのまま年末まで一気に走り抜けていった感じです。
生活リズム的にも夜更かしせずに早めに寝る習慣がついてきて、
その辺の兼ね合いもあるのか、今年は特に1年が経つのが早かった気がしています。
この一年を振り返っているはずが、去年のことの方が思い出すことが多くて、
記憶が曖昧過ぎる。書くことが思いつかないのはマズイですね…。
日々文章を書くようにしないと。、どんどん自分の能力が退化していくように感じられ、
少し怖くなってきます。

今年は1~2ヶ月に1回くらい映画を見に行った気がします。
家にいるだけだと無駄に休日を過ごした気持ちになってしまうようで、
数年前から比べると結構趣味が変わったように思います。

アニメについては時間的な兼ね合いもあってかそこまで嵌る作品はなく、
意外にドラマの方を結構見ていた気がします。
「カルテット」「奪い愛、冬」「東京タラレバ娘」「ボク、運命の人です。」「ごめん、愛してる」
「監獄のお姫さま」「陸王」など。「おんな城主 直虎」は終盤から結構面白くなってきて、
主役が脇役になってからが結構楽しめました。

11月は久々に調子を崩してしまい、仕事の忙しさも相まって精神的にも参りました。
体が資本とはよく言ったものだなと痛感した感じです。

ふくろう
年末にふくろうのぬいぐるみと目があってしまい、
当たり前のように家の住人として仲間に加わりました。
写真だとわかりにくいですが、結構大きめで、去年買ったアメモリくんに比べると小さいものの
部屋のソファーをだいぶ占有して自宅警備をしてくれています。

ゲーム業界としては、コンシューマ機で「Nintendo Switch」が発売され新しい流れに突入したのと、
Nintendo作品が更に色々とスマホでも登場した年でした。
飽和状態となったスマホゲーム業界のストアランキングは1位がモンストで固定されることはなくなり、
日々取り合いになっています。「アズールレーン」「リネージュ2 レボリューション」など
新たな人気作品も登場しました。
コストを掛けて開発しても、採算が取れずに半年くらいで終わってしまった作品も結構見受けられました。
VRについても元年となった去年に比べて色々話題に上ることは増えましたが、
まだまだ一般に普及するには時間が掛かりそうな気がしています。

来年も自分のペースで一歩ずつでも前に進んでいける一年になればいいなと考えています。
それでは、良いお年を。
  1. 2017/12/31(日) 23:25:06|
  2. 年末年始
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ>>

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリーメニュー

最近の記事

ツイッター

最近のコメント

リンク

リンクフリーです。ご一報いただければこちらからもリンク致します!
↑プロフィール等はこちらからどうぞ

このブログをリンクに追加する

みんなのオススメ

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセスランキング(過去30日)

大変お世話になっております!

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる